青汁と乳酸菌の2つを比較してみた

青汁と乳酸菌の2つを比較してみた

腸内環境を整えてくれる選択肢は色々あります。経口摂取する方法となると、青汁や乳酸菌のサプリあたりが考えられますね。どちらもお腹の調子を整えてくれる効果が見込めるのですが、肌に対するポジティブな効果も見込めるのが特徴的です。

 

青汁と乳酸菌のどちらがベターか

 

ところで人によっては、青汁と乳酸菌のどちらの方が良いかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。どちらも様々な情報サイトで紹介されていますし、どちらも良さそうに思いますね。
実際、青汁などは確かにポジティブな効果が見込めるのです。それを摂取した結果、肌の調子が良くなってきたという口コミもしばしば見られるからです。お通じが改善されている事例も、非常に多いですね。もちろん乳酸菌のサプリも、そのような効果が見込めるのです。
そして、問題はどちらを利用するかですね。

 

味覚的な意味で乳酸菌の方が続きやすい

 

私は個人的には、青汁よりは乳酸菌の方が良いと思われます。その主な理由としては、味覚ですね。
一時期CMで、青汁の苦味に関して大々的にアピールされていました。青汁は苦味はあるのですが、もう一杯飲みたいというCMがありましたね。あの苦味が、青汁のデメリットだと考えられます。
ところが乳酸菌のサプリは、そのような苦みはほとんどありません。サプリによっても異なるのですが、たいていは甘みが感じられるのが特徴的ですね。最も中には甘くないサプリもあるのですが。どちらにしても、青汁に比べれば飲みやすい傾向があるようです。
そして青汁にせよ乳酸菌にせよ、やはり続くかどうかが大きなポイントですね。三日坊主で終わってしまってはあまり意味がありませんが、続けるためには味覚が大切なのです。味覚が良いという意味で、個人的には乳酸菌の方がオススメですね。