あなたの腸は弱っている!腸を鍛える生活リズム

薬が心配な親戚に対して乳酸菌を検討中

私の親戚の1人に、ちょっと変わった人がいます。その理由は薬ですね。
私はあの親戚は、その薬に関する習慣はちょっと買えた方が良いと思っています。そして、そのためには乳酸菌のサプリを活用する方が良いとも思っているのです。

 

薬の量を減らすべく乳酸菌を推奨

 

以前に私は、親戚の薬の量を見せてもらった事があります。その量を見て、ちょっと驚愕してしまいました。あまりにも種類数が多かったのですね。あれだけ多くの薬を飲んでしまっていると、かえって副作用が心配だと思います。

 

そして親戚の症状をよくよく聞いてみると、お腹の中の環境が悪くなっているとも考えられるのです。肌に対する吹き出物などもその症状ですし、精神的にも少々落ち着かない一面があるようですね。しかしそのような症状は、乳酸菌に関連する商品を摂取すれば、概ね解決できると思われるのです。

 

アレルギーの方のための乳酸菌入門

 

親戚の大抵の症状は乳酸菌で解決される

 

まず親戚の肌の吹き出物は、恐らくお腹の中の環境に起因していると考えられます。お腹の中の環境が悪くなっていれば、それが肌にも出てきてしまうものだからです。

 

それと親戚の場合は精神的にも落ち着かないようですが、実はそれも乳酸菌で解決できる可能性があるのですね。乳酸菌を摂取すると、脳から精神を安定させる為の物質が出てくるのですが、それならば親戚の気持ちも落ち着けてくれる考えられるのです。

 

何よりも親戚は、あの薬の量が一番心配ですね。あれを定期的に摂取し続ければ、やはり体調不良になってしまうと思います。恐らく本人も、それは何となく分かっているとは思いますが。

 

ですので私は近い内に、親戚に対して乳酸菌のサプリなどを勧めてあげようかなと思っているのです。そうすれば、きっと薬漬けから解放されるのではないかと思いますね。

お通じを促す方法は、色々あります。ここ最近は、緑色の物が注目されている事が多いですね。
例えば青汁などは、明らかに緑色でしょう。それとグリーンスムージーなども、最近ではかなり注目されているようです。

 

腸内環境の改善が見込める緑色の物

 

青汁とグリーンスムージーは、どちらも野菜類を用いた物になります。前者の青汁の場合は、もちろん様々な野菜類をすりつぶした物になります。繊維類が非常に豊富な物になるので、それだけお通じ改善の効果も期待できる訳ですね。
またグリーンスムージーも同様なのですが、青汁よりは体積が大きめになっているようですね。野菜ジュースに似ているのですが、同じくそれもお通じを改善してくれる効果が見込めます。
それらの緑色の物を摂取してお通じを改善させる方法もあるのですが、人によってはそれよりも乳酸菌の方が大きな効果があると感じているのです。実際に去年の9月に、そのように感じている方が見られます。

 

 

青汁やグリーンスムージーより効果が大きかったちょーぐると

 

というのもある方が、かなり酷い便秘でお悩みだったのですね。子供の頃からお通じでお悩みだったのですが、それで眠れない日々も多かったようです。お腹の具合が悪いと、眠れない事も意外と多いものなのですね。
それで1週間に1回くらいの頻度で、お通じを改善させる為に下剤を服用しなければなりませんでした。ただ下剤は身体に対する負担が少々大きいので、それ以外の方法でお通じを改善させたいと考えていたのですね。
それでその方は、ちょーぐるとという商品を利用するようになります。いわゆるヨーグルトの商品なのですが、その中には多くの乳酸菌が含まれているのですね。アシドフィルスなど様々な乳酸菌が入っているのですが、それでだいぶお通じが改善されました。しかもそれが非常にスピーディーだったのですね。摂取した翌日には、もう効果が発揮されていたのだそうです。

 

ところでその方は、実は以前に別のタイプの飲料を試していたのです。それが前述の緑色の物だったのですね。いわゆるグリーンスムージーや青汁など様々な物を試していたのですが、そこそこ効果はあったようなのです。しかしそれでも劇的な効果は見られなかったので、結局はちょーぐるとという商品を利用するようになった訳です。そのヨーグルトの商品の方が、効果は大きかった訳ですね。
つまりちょーぐるとという商品は、緑色の物よりは大きな力を発揮する可能性があるのです。青汁などで効果が見られなくても、ちょーぐるとを試してみるのも良いと思います。もしかすると青汁より、大きな効果を発揮してくれる可能性もあるからです。

続きを読む≫ 2015/10/29 00:45:29

サラリーマンの方々は、時々ミスを気にしています。ミスをしてしまうと、もちろん上司の方々から怒られてしまうでしょう。それだけでなく会社の売上にも影響が及びますので、何とかミスをしないよう心がけている訳ですね。
ところでそれは、乳酸菌と大きな関係があります。なぜなら乳酸菌のサプリによって、ミス発生率が低下している事もあるからです。

 

仕事の疲れでミスが多くて困っていた

 

というのも以前にあるサラリーマンの方は、ちょっと負のスパイラルに陥っていたのです。その方の仕事は、普段とても忙しい状況でした。それでそのサラリーマンの方に対して、疲れが蓄積されてしまっている状況だったのですね。

 

人間の疲れは、ミス率と大きな関係があります。疲れが蓄積していれば、それだけ仕事で失敗をしてしまう確率も高まる傾向があるのですね。上記の方も疲れが溜まっていたので、それで失敗が重なっていて困っていました。またその疲れに伴って、体調不良になってしまったのですね。

 

サプリによって疲れがたまりづらくなった

 

そのサラリーマンの方はどうにかしてそれを解決したいと思ったので、ある時にインターネットで様々な情報を調べました。疲れを解消する方法に関して、情報を検索をしてみた訳です。

 

その結果、乳酸菌のサプリに着目したのですね。乳酸菌は、疲れ改善の効果が見込めるのです。私たちのお腹の中に蓄積している老廃物などにより、疲れが溜まってしまう事も多いのですが、乳酸菌にはデトックスの効果があります。蓄積されている悪い物質を体内に除去してくれるので、疲れも感じづらくなると言われています。その効果に着目し、その方はラクテクトという商品を購入しました。サントリー社から販売されている乳酸菌のサプリなのですが、それを服用したらだいぶ状況が変わってきたのだそうです。

 

それを服用してからは、まず疲れづらくなってきたようですね。恐らくラクテクトの中に含まれている、体を保護してくれる物質が働きかけてくれたのでしょう。体がガードされれば、疲れも蓄積されづらくなるものなのです。疲れが除去されている訳ですから、その方の仕事の失敗率なども低下しているのではないかと考えられます。

 

人によっては上記のサラリーマンの方のように、ちょっと失敗続きで困っている方もいらっしゃるでしょう。もしも疲れの蓄積などに心当たりがあるならば、ラクテクトの服用を検討してみるのが良いと思います。体を持ってくれる乳酸菌のサプリですので、とても頼もしいですね。
>>さらばアトピー!乳酸菌生活はじめよう

続きを読む≫ 2015/08/20 23:23:20

お腹の中の環境を整える方法の1つに、ヨーグルトがあります。ヨーグルトは、確かに整えてくれる効果は期待できるのです。しかし乳製品という特性上、コレステロール値が少々高めなので注意が必要です。逆にアシドフィルス菌は、それを低くする効果が見込まれます。

 

コレステロールが高めなので肥満が懸念されるヨーグルト

 

そもそもコレステロールにはどのようなデメリットがあるかと申しますと、やはり肥満ですね。前述のヨーグルトは乳製品になっているのですが、その中にはかなり多くのコレステロールが含まれているのです。
ちなみに私の親戚の1人に、年齢層がやや高めな方がいます。親戚が場合、昔はよくヨーグルトを摂取していたのです。

 

ところがその中には、かなり多くのコレステロールが含まれていたのですね。ですので親戚はそのヨーグルトの摂取がきっかけで、体重も少々増えてしまいました。
確かにヨーグルトはお腹の中の状態を改善してくれる効果は見込めますが、それで肥満になってしまうのも少々考えものでしょう。ですのでお腹の出具合が気になる方にとっては、ちょっとヨーグルトは不向きな一面があります。

 

コレステロール値を下げてくれる効果が見込めるアシドフィルス

 

ところで前述のアシドフィルス菌なのですが、それも整腸作用が見込めます。ただヨーグルトは決定的な違いが1つあって、アシドフィルス菌の場合はコレステロールを下げてくれる効果が期待できるのですね。
アシドフィルス菌は乳酸菌の1つなのですが、主に血液に含まれているコレステロールに大きな効果が発揮されると言われています。血液の中にコレステロールが多く含まれてしまっていれば、もちろん肥満になってしまう確率が高めになるのですね。

 

ところがアシドフィルス菌の場合は、そもそもコレステロールが含まれている事はありません。逆に血液の中のコレステロールを減らしてくれる訳ですから、ダイエット効果も見込めるのではないでしょうか。
もちろん乳酸菌の一種なのですから、アシドフィルス菌はお腹の中の環境を整えてくれる効果が見込めます。
何せせっかくお腹の中の環境を整えたいと思っても、肥満になってしまうのはちょっと悲しい話です。しかしアシドフィルス菌の場合は肥満の解消もできる上に、お腹の中の環境を整えてくれる訳ですね。そのメリットを考えれば、ヨーグルトでお腹の環境を整えるよりは、むしろアシドフィルス菌の方が好ましい一面があるでしょう。一石二鳥の効能が見込める乳酸菌という訳ですね。

続きを読む≫ 2015/07/09 15:21:09

腸内環境を整えてくれる選択肢は色々あります。経口摂取する方法となると、青汁や乳酸菌のサプリあたりが考えられますね。どちらもお腹の調子を整えてくれる効果が見込めるのですが、肌に対するポジティブな効果も見込めるのが特徴的です。

 

青汁と乳酸菌のどちらがベターか

 

ところで人によっては、青汁と乳酸菌のどちらの方が良いかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。どちらも様々な情報サイトで紹介されていますし、どちらも良さそうに思いますね。
実際、青汁などは確かにポジティブな効果が見込めるのです。それを摂取した結果、肌の調子が良くなってきたという口コミもしばしば見られるからです。お通じが改善されている事例も、非常に多いですね。もちろん乳酸菌のサプリも、そのような効果が見込めるのです。
そして、問題はどちらを利用するかですね。

 

味覚的な意味で乳酸菌の方が続きやすい

 

私は個人的には、青汁よりは乳酸菌の方が良いと思われます。その主な理由としては、味覚ですね。
一時期CMで、青汁の苦味に関して大々的にアピールされていました。青汁は苦味はあるのですが、もう一杯飲みたいというCMがありましたね。あの苦味が、青汁のデメリットだと考えられます。
ところが乳酸菌のサプリは、そのような苦みはほとんどありません。サプリによっても異なるのですが、たいていは甘みが感じられるのが特徴的ですね。最も中には甘くないサプリもあるのですが。どちらにしても、青汁に比べれば飲みやすい傾向があるようです。
そして青汁にせよ乳酸菌にせよ、やはり続くかどうかが大きなポイントですね。三日坊主で終わってしまってはあまり意味がありませんが、続けるためには味覚が大切なのです。味覚が良いという意味で、個人的には乳酸菌の方がオススメですね。

続きを読む≫ 2015/06/28 01:52:28